ニキビ跡 直し方

ニキビは最終的にニキビ跡と言う形で悩みの種になりますよね(>_<)
全部のニキビがニキビ跡になるわけではありませんが、ニキビケアを怠ってひどくなった場合にはニキビ跡になる可能性があります。

ニキビ跡には赤みがかったものやシミのようなもの、そしてクレーター上のデコボコしたニキビ跡があります。

赤みのあるものやシミのニキビ跡は時間の経過とともに改善してくる場合があります。肌のターンオーバーによってだんだんと改善してきます。

ただ、デコボコしたクレーターのニキビ跡だけはもう治すことができません(>_<)
これはお肌の内部の組織が完全にダメージを受けて再生することがないからです。

残念ながら・・・クレーターのニキビ跡はもう完全に治すことができないんです(>_<) 悲しいですがこれが現実です。もし治すとしたら皮膚の下にシリコン等を入れ込んでくぼんだ所を持ち上げる必要があります。もちろんこれを自分ですることなんてできませんので美容整形等で施術してもらう必要があります。 とはいうものの、諦めるのはまだ早いんです。
クレーターのニキビ跡は治すのはできなくても目立ちにくくすることは可能なんです。周りのお肌をふっくらさせることによって、目立たなくなるんですよ。 なので日ごろのお肌のケアが重要になってきます。

お肌のコラーゲンやエラスチンの生成は年齢とともに低下。それによってお肌が痩せて見えてしまいますがそうなってしまうと、クレーターニキビ後も目立ってしまいます(>_<)
そうならないように、日ごろからニキビケア同様お肌のケアも必須になるということですね。

美容の道はコツコツとですから(・∀・)b

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする